スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人間関係
人間関係私は、5年ほど前にヘナという髪染めの原材料を日本に輸出するプロジェクトに取り組んでいたときに、RADICOというインドの企業と巡りあった。
それ以来、RADICO社及びインド人の社長と大変親しくなり、現在に至っている。

最初にアプローチした際、6トンのヘナの見積もりを依頼した。
戻ってきた答えが、

「お取り引きしたいのは山々だが、日本に数年前よりこつこつと弊社のヘナを販売している人がいる。貴社の規模にしたら、考えられない量だが、一生懸命努力されている。その人を裏切ることができないので申し訳ないが販売できない」

と言うものだった。

私は、この社長の考え方が気に入り、

「あなたの気持ちは十分に理解した。大変すばらしいお考えであり、私は、そういう人、企業と取り引きしたいといつも望んでいる。そのこつこつがんばっている日本人の人を支援し続けてください。きっと彼は成功しますよ。ただ、他の方法で構わないので、弊社に特別にフォーミュラーを作ってもらうことはできないか。その人と競合することはしない」

という返答をした。

人間関係そして、私達は通い合ってしまい、それから、強い信頼関係のもとパートナーとしてプロジェクトを行っている。
その後、彼の会社は、アメリカにも拠点を持ち、私がその運営を見ている。
この数年のインド市場の急成長で、日本でもインドの市場が見直されている。
現在、日本商品のインド市場での販売、及び進出のプロジェクトを数件、RADICO社と行っている。
ビジネスチャンスなんて、どこにあるかわからない。ヘナという原材料がきっかけで始まったプロジェクトが、インド企業のアメリカ進出に進み、現在では、日本企業のインド進出の支援業務までに発展した。

市場は変わる。どこでどんなチャンスがあるかわからない。

ただ一ついえることは、ビジネスの成功の秘訣は、人間関係にあると思う。

また、そのビジネスを支えているのはパートナーであり家庭です。良き理解者として、話し相手として、ご主人も、奥さんも、恋人から夫婦として歩んでください。


歳を感じる時
歳を感じる時鏡を見たりしてを感じる時は良くあるのだが、最近、痛烈に本当にを取ったのだなと思ったことがある。

私は、昔は年上の人に囲まれていた。
仕事関係は特にそうである。
仕事がら、経営者の方や、企業のトップに近い方との接点が多いため、少なくとも私より10以上年上の方ばかりだった。

会食の機会があると、私はいつも皆さんの経験話しを聞かせて頂いた。
とても勉強になった。
そして、いつもいつも美味しいお料理を食べさせて頂いていた。

私が以前にお世話になった方とお食事をする機会があり、最近、私の周りは年下の人ばかりだと言ったら、それはあなたがを取ったという証拠だと言われた。

昔は美味しい食事も食べられるぐらいの金銭的余裕がなかった。
だからお客様との食事はとても楽しみだった。
多くの方にお世話になり、おいしい味というものがわかるようになった。



歳を感じる時また違う人だが、

「昔はとてもお世話になり、どのように感謝して良いかわからないぐらい感謝している。何かお返しをしたい」

と申し出たことがある。 その方は、

「あなたにお返しをしてもらっても、気を使うだけ。何もいらない。
もし貴方が何かをしたいのなら、私があなたにしたことと同じことを年下の人にしてあげなさい。
それが、一番うれしい。」

とおっしゃった。

その言葉をふと思いだした。


Copyright © Nickiからのメッセージ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。